Visual Studio 2013 で Entity Framework のコードジェネレータが動かないとお困りのあなたへ

Visual Studio 2013 を C ドライブ以外のドライブにインストールし、Entity Framework のコードジェネレータを動かした時のこと。ツールが存在しないと怒られ、コードが生成されませんでした。
原因は単純で、環境変数 VS120COMNTOOLS のパスがインストール時に C: ドライブ前提で設定されているからです。この現象、CTP版だった頃から発生していた現象で、リリース後も残っていました。
単純に、環境変数のパス文字列を正しいドライブに修正し、Visual Studio 2013を再起動するだけです。
ちなみに、PowerShell で 環境変数を表示させるには「dir Env:」と入力します。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中